FP3級の解答速報・模範解答|合格発表までにすべきこと

ファイナンシャルプランナー(FP)教育専門校・東京ファイナンシャルプランナーズ

MENU

3級FP技能検定

平成29年9月10日(日)、
3級FP技能検定を受検された方へのページです。

3級FP技能検定を受検されたみなさま、お疲れさまでした。
このページでは、受検されたみなさまのステップアップに役立つ情報をお届けします。

模範解答(日本FP協会・金融財政事情研究会) 答え合わせをしてみましょう

試験実施団体である、日本FP協会・金融財政事情研究会のホームページに「模範解答」が掲載されています(試験当日17:30頃より)。ご自分の解答と照らし合わせて、自己採点をしてみましょう。

模範解答(日本FP協会)

模範解答(金融財政事情研究会)

合格基準は6割以上です。

学科試験は60点満点中36点以上、
実技試験は日本FP協会で100点満点中60点以上、金融財政事情研究会で50点満点中30点以上、

で合格となります。

実技試験の配点について 配点は公表されていません

実技試験の配点については公表されていません。試験実施団体である、日本FP協会・金融財政事情研究会に問い合わせをしても答えてもらえませんので、ご注意ください。実技試験では、自己採点の結果で全体の7割程度正解していれば、安心と言えるでしょう。

合格発表・結果通知について 平成29年10月20日(金)です

2級FP技能検定の合格発表日は、平成29年10月20日(金)です。
結果通知は、平成29年10月20日(金)に受検申請書に記載の住所へ、普通郵便で発送されます。(お手元に届くのは1〜3日後になります。)
また平成29年10月20日(金)午前10時から、それぞれの試験実施団体のホームページ上にて結果を確認することができます。

合否予想が出たら 次のステップに進みましょう

自己採点の結果はいかがでしたか?
合否がボーダーライン上の方は、平成29年10月20日(金)の合格発表を待ちましょう。
合否予想がついた方は、次のステップに進みましょう。

2級FP技能士 試験対策講座について詳しくはこちら AFP+2級FP技能士講座について詳しくはこちら

学科・実技ともに合格できそうな方

3級FP技能士を取得したら、次は2級FP技能士およびAFP資格にステップアップしませんか。

AFP資格は日本FP協会が認定するFP資格で、資格更新要件である継続教育により常に知識とスキルを高めているFPに付与される普通資格です。日本全国で約17万5000人(平成28年7月現在)が活躍しています。

AFP資格とは?(日本FP協会)

AFP資格のメリット

①信用。信頼性が高まります。
②最新情報が入手できます。
③人脈・ネットワークが広がります。

AFP認定者になるメリット(日本FP協会)

①3級FP技能士の試験を合格された方は、2級FP技能士の試験を受検することができます。次回は平成30年1月28日(日)に実施されます。

②2級FP技能士の試験に合格し、日本FP協会が認定する「AFP認定研修」を受講・修了することで、AFP資格を取得することができます。

東京FPではAFP資格の取得を目指す皆様のために、さまざまなコースをご用意しています。これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。

今回は残念な結果になりそうな方

自己採点をして今回は残念な結果になりそうな方、あきらめずに次の試験で頑張りましょう。

次回の試験は、平成30年1月28日(日)です。11月14日(火)から12月5日(火)が受検申請期間となります。

東京FPでは、3級試験合格を強力バックアップするための講座をご用意しています。独学が不安な方は、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ