CFPの資格概要・勉強法について

ファイナンシャルプランナー(FP)教育専門校・東京ファイナンシャルプランナーズ

MENU

CFP®試験対策講座

「CFP®試験対策講座」トップページへ

CFP®試験対策講座

講座メニュー

CFP®資格について

CFP®資格の概要

CFP®(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®)資格とは

FPの国際組織であるFPSB(ファイナンシャル・プランニング・スタンダーズ・ボード)と日本FP協会とのライセンス契約に基づいて認定される国際ライセンス。CFP®資格は、1973年に米国で設立されたファイナンシャル・プランナーのライセンスで、ファイナンシャル・プランニングの各分野に関する高度な教育を受け、かつCFP®資格審査試験に合格した者に授与される権威ある資格です。FP先進国である米国でこのCFP®資格は最も代表的で信頼されるライセンスとして国民に認知され、高い評価を得るとともに、公認会計士や弁護士と同様にプロフェッショナルな職業的資格とされています。

※CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd. (FPSB) の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

資格取得条件

  1. CFP®資格審査試験に合格すること。
  2. 試験合格後に、実務研修であるCFP®エントリー研修を受講し、修了すること。
  3. 3年間の実務経験を有すること(試験合格前10年、後5年の期間の実務経験を対象)。
    ※「みなし実務経験」の事項を満たすことで、実務経験として換算することができます。
  4. 協会が定める倫理規程の遵守に署名をすること。
  5. 2年ごとの資格更新に際し、協会が定める所定の継続教育単位を取得すること。

CFP®資格の魅力

CFP®はファイナンシャルプランナー資格のなかで最高レベル!

CFP®資格は、ファイナンシャル・プランニングの各分野に関する高度な教育を受け、CFP®資格審査試験に合格することと高い倫理規定を遵守することで与えられる権威ある国際資格です。そのため、実際にCFP®認定者となるためには、AFP認定者であることが必須となっており、AFP資格審査試験(2級FP技能検定)よりも更に幅広く深い実務的かつ専門的な知識が要求されます。

CFP®を取得することのメリット

FPの頂点であるCFP®を取得することで、実生活で役立つことのほか、仕事でも大きなメリットが得られるのではないでしょうか。CFP®は国際資格かつ最高資格なので、お客様の認知も信頼も高く、実際にCFP®を取得された方から「銀行に勤めており、お客様から信頼をいただけた。」「ファイナンシャルプランナーとして働く上で、仕事の幅が広がった。」などの声をいただいています。

認定プロセスについて

CFP®認定者として認定されるためには、CFP®資格審査試験に6課目合格した後、日本FP協会が開催する「CFP®エントリー研修」の受講・修了が必要となります。また、経験要件として、「3年間の実務経験」が必要となります。

「CFP®エントリー研修」の概要

受講対象 CFP®資格審査試験6課目に合格した者
講習形態 「通信研修」+「1日の集合研修」
受講料 10,800円(税込)

「3年間の実務経験」について

  • 試験合格前10年、後5年間の間に、合計3年間、FP実務を経験していること。
  • 実務経験は「FPの6ステップのうちいずれかの経験」を幅広く指すものであり、業種・職種・雇用形態等により狭義に定義するものではありません。
  • 実務経験を積む環境にない方は「みなし実務経験」の事項を満たすことにより、実務経験として換算することが可能です。
実務経験とは?意外と広い!
CFP®資格認定に必要な実務経験ですが、金融機関に限らず一般事業会社の総務福利厚生に係る業務(労務管理、社会保険の手続き、社員教育等)等も含まれます。
一度「CFP®資格認定における実務経験具体例」(日本FP協会)をチェックしてみましょう!
「みなし実務経験」はどうやって満たすの?
日本FP協会認定の教育機関が実施する「みなし実務研修」やFP協会主催の「プロフェッショナルFP研修(ビジネステーマ別研修)」などを受講・修了することで満たされます。(1時間1ヶ月の実務経験として換算)

AFP、CFP®とFP技能士との関係

FP技能検定とは、ファイナンシャル・プランニングに関して、包括的かつ専門的な知識・技術を持っていることを証明するための国家検定で、1〜3級があります。
日本FP協会が認定するAFPを取得するためには、AFP認定研修の修了と2級FP技能検定合格が必須となっています。また、CFP®資格審査試験を受けるためには、AFP認定者であることが要件とされています。

FP技能士は複数指定試験機関方式

FP技能検定は、社団法人金融財政事情研究会(金財)とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)の両機関による複数指定試験機関方式で実施されます。

1級FP技能検定試験との関係

CFP®資格審査試験(6課目)に合格した日の翌々年度末までは、1級FP技能検定試験の学科試験が免除されます。但し、日本FP協会へ登録し、CFP®認定者となれば、その後も学科試験は免除されます。

資料請求・教材サンプルはこちら

ページトップへ