ファイナンシャルプランナー(FP技能士)とは?|FPの特徴・メリット

ファイナンシャルプランナー(FP)教育専門校・東京ファイナンシャルプランナーズ

MENU

初めてFPを学ぶ

初めてFPを学ぶ

初めてFPを学ぶTOPへ

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな仕事?どうすればなれるの?FPについての基礎知識から資格体系まで、わかりやすくご紹介します。

あなたの、そしてクライアントの夢や希望を実現するためにライフプラン(生涯の生活設計)をデザインするFP

ファイナンシャルプランニングとは、将来の夢や希望といったライフプラン(生涯生活設計)を実現させるための資産設計のことを言います。

「○○歳にはマイホームが欲しい!」
「こどもが結婚したら最低○○○万円は援助したい!」
「老後は毎年海外旅行に行きたい!」
「自分に万一のことがあっても妻(夫)に安定した生活を送って欲しい!」

など、将来の夢や希望は人それぞれです。その希望を実現させるために、

  • これからどれだけお金を貯めればいいのか?
  • そのためにいま、どのような使い方をすべきなのか?

など、金銭的な視点からその人のライフプランにそってトータル的なアドバイスをする「お金の専門家」、それがFP(ファイナンシャルプランナー)です。

“お金”の知識を役立てようFP(ファイナンシャルプランナー)になると何が変わるの?

FPになるための学習内容には、金融商品、不動産、住宅ローン、年金、保険、税金、相続などのお金に纏わる幅広い知識が含まれています。ここで修得した知識は、仕事はもちろんのこと、家庭でも役に立つものばかりです。

どの年代でも、どんな人でも必要不可欠なのに、学校では教わることのできない身近な“お金”の知識。これを体系立てて修得できることは、「ファイナンシャルプランナーになった」ということ以上に、あなたの人生にとって大きな収穫となるはずです。

FPで学ぶのは6分野具体的に、なにを勉強するの?

FPが学ぶのは、以下の6つの分野です。

ライフプランニング・リタイアメントプランニング
マイホーム取得や子供の教育資金作り、老後の生活設計など、ライフプランを実現するための考え方や、社会保険の仕組みなどについて学びます。
タックスプランニング
所得税・法人税を中心とした税金に関する知識を学びます。確定申告を自分で行えるようになり、それによる節税効果も期待できます。
リスクと保険
生命保険・損害保険などについて学びます。言われるままに加入するのではなく、自分で必要な保障を見極める知識が身に付きます。
金融資産運用設計
金融・経済・金融商品、資産運用に関する知識を学びます。ポートフォリオ理論について学ぶことにより、自分で資産運用を行うことに自信を持つことができます。
不動産運用設計
不動産に係る法規等や不動産の購入・譲渡などの税金について学びます。不動産の有効活用、不動産投資信託(REIT)など、これからの資産形成に不可欠な知識も含まれています。
相続・事業承継設計
相続税や贈与税、財産評価などについて学びます。納税対策だけでなく、遺産分割の知識を身につけておくことで、予期せぬトラブルを回避できます。

初心者向けからプロフェッショナルまで幅広い資格体系FPの資格って、どのようになっているの?

FPの資格体系は少し複雑です。同じFPの中でも、資格がいくつかあります。

最も身近なレベルの「3級FP技能士」、そしてダブルライセンスの取得が可能となる「AFP+2級FP技能士」、さらに上級資格の「1級FP技能士」「CFP資格」に分かれます。ご自身のレベルに合わせてステップアップしていくことができるのも、FP資格の特長です。

CFP試験対策講座はこちら AFP+2級FP技能士講座はこちら 3級FP技能士講座はこちら

FPの知識を活用しようFP資格の活用方法は?

せっかく身につけたFP資格と“お金”の知識。ぜひ実際のお仕事や生活に役立ててください。

金融業界や不動産業界、税・会計業界はもちろんのこと、一般企業の経理部に所属している方にも、FPの知識は大いに役立ちます。また、営業職の方がファイナンシャルプランナーの知識を得れば、お客様へのトータルアドバイスが可能になり、さらに厚い信頼を受けることができるようになります。

また、たとえば専業主婦(夫)の方など、「仕事で活かす場面がない」方たちにとっても、ファイナンシャルプランナーの知識は重要です。むしろ、自分自身の生活のためにこそ、必要であると言えます。

東京FP卒業生からは、
「今までちんぷんかんぷんだった保険や貯蓄を、自分で見直した」
「漠然としていた将来を、具体的に考えるようになった」
「わからないところがわからない、ということがなくなった」
「日経新聞を理解して読めるようになった」
など、さまざまな声をいただいています。

実際にFPの資格や知識を活用している東京FP受講生の生の声を「FP知識&資格活用事例」ページにてご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

東京FP 担当よりひと言

FP資格取得後に必要な知識の維持や、最新情報のキャッチアップを目的に、様々なテーマやその時々に応じた旬な内容でのセミナーを開催しています。
FPの知識は継続的な勉強により、深みが増すものです。資格取得後も、FP専門校ならではの視点で皆様をバックアップしていますので、ぜひご利用ください!

2級FP技能検定
受検者数、合格率ってどのくらいなの?

合格率はおおむね30〜40%前後で推移しており、決して「簡単に取れる資格」でないことがわかります。受検者数は少しずつですが年々増加の傾向にあり、FPと言う資格が注目されてきていることを物語っています。

2級FP技能検定 受検者数と合格率

いろいろあるFP資格、
どうしてAFP資格がおすすめなの?

FPを取得するためには、お金に関する幅広い知識を学びます。一度学ぶと大変役に立つ内容です。しかし、制度改正や新商品など、毎年新しい情報がでてくるため、2級FP技能士を取得した段階で学習をやめてしまうと、せっかくの知識が更新されていきません。

AFP資格を取得すれば、毎月『FPジャーナル』という会員情報誌が届きます。これで容易に、FPとして押さえておくべき情報が確認できます。また、セミナー開催や勉強会に参加して、情報・人脈のネットワークを拡げることも可能です。

AFP資格は、現役FPの証しであるとも言えます。

「AFP+2級FP技能士講座」を見てみる

AFP、2級FPって難しそう…
もっと気軽に勉強したいんだけど

ひとくちにFPといっても、さまざまな資格があります。東京FPでは最も一般的で応用の効く「AFP+2級FP技能士」講座をおすすめしていますが、もっと気軽にお金のことを学びたい!と言う方のために、「3級FP技能士講座」もラインアップしています。

「家計を見直したい」「2級の学習から始めるのは難しそうで不安…」そんな方には3級からの学習がオススメ!まずは3級からFPの学習を始め、ステップアップしていきましょう!

「3級FP技能士講座」を見てみる

勉強方法は?FPとはどんな資格なのでしょう?その基礎知識をご紹介します。

ページトップへ